元社畜が起業を通して変わっていく物語

敗北を知らないビジネスモデル

 

 

どうも。Utaユータです。

 

 

今日は、

「敗北を知らないビジネスモデル」

という、ちょっと厨二病ちっくなタイトルにしてみました。

 

 

※出展:漫画「刃牙」

 

 

結論、情報発信ってマジで資産性高い。

って話なんですけど、

このブログといい、メルマガといい、

基本的にやって損はしないんですよね。

 

 

負けることが、まずない。

 

 

世間的に注目されやすいのって、

いわゆる大きく勝てるビジネスです。

 

 

起業で成功、仮想通貨で億り人、

Youtubeで一発当てた、飲食店が流行った…

など、割と派手なものが注目を集めます。

 

 

 

一方で、

・ブログ

・不用品販売

・メルマガ

・無在庫物販

ete…

など、負けないビジネスは地味だし、

注目されづらいです。

 

 

社会的評価も高くない。

だからこそ、いつの時代も

ここにチャンスがあります。

 

 

キラキラしてないけど、

堅実に稼ぎやすい構造になってるんですね。

 

 

だって、ブログとメルマガって

記事もなくならないし、

顧客リストも増えていくし、

BANもされないので資産性鬼高いんですが、

年に10万の維持費もかかりません。

 

 

一方、会社作って社員を雇ってると

1月あたり20~30万かかるし、

飲食店なら賃貸の費用や材料費だけで

数十万かかるでしょう。

 

 

固定費が桁違いにかかります。

 

 

仮想通貨やFXも同じで、

大きく勝つ可能性もありますが、

負ける可能性もそれ以上にあります。

 

 

トレーダーとして食ってける人なんて、

1%にも満たないでしょう。

 

 

つまり派手なビジネスは構造上、

マイナスを生んでしまう

可能性が高いんですね。

 

 

派手目のビジネスで言えば、

Youtubeだけ負ける可能性は

極端に低いですね。

(BANリスクはありますが。)

 

 

一方、地味なビジネス

(ブログ+メルマガ起点のもの)は、

かかっても年に5~10万程度。

 

 

年に商品を1~2本売れば余裕で回収できますし、

人脈という資産も増えていきます。

 

 

情報発信してると、必然的に

あなたに興味持ってくれる人が増えます。

 

 

SNSと組み合わせれば、

爆発力を出して稼ぐ手法も存在しますし、

人間心理にもどんどん詳しくなります。

(人に反応してもらわないといけないので。)

 

 

僕は仮想通貨にも手を出したし、

友人と元手のかかる事業をやろうとしたことがあるので、

よくわかりますが、

負ける可能性なく、かつ1人で

青天井に稼げるビジネス

は情報発信以外に構造的にありえません。

 

 

仮想通貨は、僕はたまたまお金が必要で

引き出してたおかげでプラスで終わりましたが、

友人は買っていた銘柄が暴落し、

数百万単位の大損をこきました。

 

 

元手がかかるビジネスは、

見積もりを取ったらシステムのプロトタイプを

作るのに500万ほどかかりました。

 

 

(ちなみにサブスク型のカフェを、

流行らせるサービスを作ろうとしてました。)

 

 

この計画は頓挫しましたが、

もし借金してサービス作って、

ビジネス始めていたら多分死んでましたw

 

 

無知って本当に怖くて、

元手がかかっても自分たちの根拠なき自信だけで、

イケる気がして本当にお金借りる寸前まで行ってました。

 

 

今思うと、おそらくトライしても

流行るのは無理だったろうな。

と感じます。

 

 

てか、僕がこれまである程度、

成果を出せたビジネスって、

初期費用がかからずテストできるものが多いんですね。

(結果、地味目なビジネスばかりですが。)

 

 

・ブログ×DRM

・note

・無在庫物販

・Twitter×DRM

 

 

どれもマイナスがないので、

思い切りアクセルを踏めたことが、

成果が出た要因かな。と思います。

 

 

プラスしかないなら、

とことんやれるやん。

みたいな。

 

 

極端な話、

1日100記事書いても

別に経済的にマイナスにはならないので。

 

 

だけど、従業員100人雇うと、

爆発的にお金かかりますよね。

 

 

ちなみに情報発信を実践したので、

心理学に詳しくなり、もともと経験していた

営業スキルもかなり強化されました。

 

 

セールスマンもやっておいて損はないですよ。

 

 

つまり、ビジネスにおいてのみ、

ローリスクハイリターンの構造は存在しておりまして、

それが情報発信なわけです。

 

 

最初は信じられないかもしれませんが、

ブログ+メルマガ

この形で僕も7桁稼ぎましたし、

年間1億稼ぐプレイヤーもたくさんいます。

 

 

月収数百万程度なら、わんさかいます。

 

 

もちろん勉強は必要ですし、

ぶっちゃけ楽に稼げるものではありません。

 

 

でも確実に積み上がります。

何かしらの+を積み上げられ続けます。

 

 

ですので、もしあなたが何か始め用と考えてるなら

得意分野と市場の需要と掛け合わせて

情報発信することをオススメします。

 

 

・ローリスクハイリターン

・構造的に負けない

・資産

 (顧客リスト/人脈/人間心理の知識)

 

 

これらがどんどん積み上がり、

人生が上向いていきますよ。

 

 

僕もぶっちゃけ特別なことは何もしてませんが、

日々、連絡をくれる人や

商品を買ってくれる人が増え、

人生自体がどんどん楽しくなってます。

 

 

固定費もかからず、ずっと続けられるので、

続ければ続けるだけ

勝手に勝率も上がっていきます。笑

 

 

ライバルが勝手に脱落します。笑

 

 

マジで心からオススメなので、

あなたもぜひ敗北を知らない

ビジネスモデルを構築してみてくださいね。

 

 

迷ってる人はとりあえず

・SNSでの情報発信

・メルマガ/Line@の開設

・ブログの開設

この3つをやってみるといいと思いますよ。

 

 

ではでは。

 

 

こちらの記事も人気です。

2極化する収入格差の正体

 

 

 

 

P.S.

 

僕は元々、愚痴・嫉妬・言い訳にまみれた

底辺会社員でした。

 

おれなら絶対やれる。

まだ本気出してないだけ。

 

そう自分に言い聞かせながら

7年間、具体的な行動は起こせませんでした。

 

今は起業して最高月収112万を稼ぎ

肉体的にも精神的にもだいぶ楽になってます。

 

ぶっちゃけ、まさか自分がこんな人生を歩むとは思ってもみませんでした。

元々言い訳だらけの人間だし。

そもそもビジネスとか知らんし。

 

学んでわかったことは、

結局、自分の想像の延長線上には

目を見張るような変化はないってことです。

 

僕が変われたのは、

愚直に学び、自分の常識をぶっ壊して

素直に異世界を覗いてみたから。

 

勇気を持って異世界を"確かめてみる"こと。

これは人生でもトップレベルに大事なことだと言い切れます。

僕はそうやって成長してきたし、これからも勉強を続けていきます。

 

この記事では、

言い訳ばかりの社畜がどのようにして今にいたるかを書きました。

→Uta(ユータ)のプロフィール。社畜→起業→惨敗→月利7桁突破した物語

 

----------------------------------

 

メルマガもやってます。

ブログには書けない裏話や具体的なテクニックを配信中。

 

個人起業スタートのための3つの特典も

期間限定でプレゼントしてるので、

興味があれば受け取ってくださいね。

 

→メルマガの詳細はこちらから

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2021年 3月 15日

実績

※一部です。

詳細はこちらから。

僕の理念とUta(ユータ)のプロフィール

 


はじめまして。
Uta(ユータ)という名前で活動をしています。


簡単なプロフィールは


・90年生まれ、長崎のど田舎で育つ

・都会でイケてるビジネスマンになりたいという理由で上京

・社畜生活に絶望。夢破れる。

・27歳、逃げるように退社。そして独立。

・独立後、家賃も払えない極貧生活をする

・思考を変えて勉強。現在、最高月収112万

といったかんじです。

 

このブログでは、


①”個人”で「選択肢を持って」生きる方法

②パソコン1台で生活する起業家の生活

③勉強により、人生は変えられる

など、

いわゆる一般常識とは違う

世界を知るきっかけに

してもらえればと思ってます。

僕の詳しいプロフィールは
こちらにまとめています。

詳しいプロフィール

初心者コーナー

初心者コーナー

 

起業家マインドや考え方、ビジネススキルを

基礎から習得できるコンテンツをまとめました。

 

ぜひ このコーナーの内容を真剣に学び、

ビジネスに挑戦してみてください。

限定4大特典配布中。

内容は ①ビジネス構造解説書 ②軍資金作成ノウハウ ③ブログ構築手順解説 ④30日収益化企画 です。

「ビジネスってこんなもんか」 という感覚を掴みたい人はぜひ手に取って読んでみてください。