元社畜が起業を通して変わっていく物語

強い言葉を遣うなよ。弱く見えるぞ。

 

 

どうも。Uta(ユータ)です。

タイトルは漫画BLEACHの藍染惣右介のセリフです。

 

 

なぜこのタイトルにしたかというと、

先日、こんなツイートをしたところ、

結構、反応があったから。

 

 

 

 

僕はブログやメルマガを使って

商品を販売しているので、

端的に言えば、文章を書くことが

主な仕事の1つです。

 

 

販売してきた商品の中で、最も高いものだと、

7桁に届くくらいの価格の、

いわゆる高額商品も、

「文章1つ」で販売したこともあります。

 

 

で、今回の話は、

いわゆる「セールスライティング」についてなんですが。

 

 

結論、

強すぎる言葉を使用すると逆効果だよ。

という話です。

 

 

これ、ネットだとものすごく目につきませんか?

 

 

例えば、

「この商品を買えば絶対〇〇できるようになります!!」

とか

「史上最強のノウハウです!」

とか

「最先端の英知が詰まった唯一無二のノウハウです!」」

とか。

 

 

僕はこのような文章を読むと、

「おうおう…どうしたどうした。

 根拠はなんだよ」

と思ってしまいます。

 

 

他にもSNSで、

「〜みたいな奴は絶対に許さん!」

「〜をするやつは●ねばいいのに」

とか。

 

 

強い言葉を遣うこと=相手に刺さる

と勘違いしてる人が多いんですね。

 

 

一応、付け加えておくと、

現実世界では、場合によっては

強い言葉が機能することもあります。

 

 

例えば、

「絶対に幸せにするし、大切にすると誓う。

 だから付き合おう!!」

とか。

 

 

ちなみにこれは、僕の前職の同僚が、

好きな人と実際に付き合えた実例です。笑

 

 

こんな感じで告白されたら、

相手が余程嫌な奴でない限り、

OKする確率の方が高いのではないでしょうか。

 

 

ただ、ネットでこれをやられると

違和感が出るわけです。

 

 

ーーーーーーーーー

「なんか、怪しくない?」

「また誇大広告?」

「は〜…前も似たようなセールス見たな」

ーーーーーーーーー

 

 

こんな感想をもたれると、逆効果なんですね。

 

 

一方、人の感情や心理を深く勉強してると

強い言葉を使わずとも、

相手に動いてもらえるようになります。

 

 

そしてこのスキルを持ってる人は非常に少ないので、

希少価値がすんごい上がるんですよね。

 

 

で、文章を書くときに

必ず覚えておいて欲しいのが、

「人は感情で決めて論理で納得する」

ということ。

 

 

例えば、

「せどらー必須の最強のツールです!」

と商品を紹介されたとき。

 

 

これ欲しくなりますかね?

心動きますかね?

 

 

おそらく、動かないと思います。

 

 

正直どんなに実績がある人でも、

こういう文言を使った文章を書いてると、

ゾワッッとします。

 

 

「この人多分、消えてくだろうなあ…」

と、わりと冷ややかに見てしまうというか。

 

 

僕は、一応プロフに実績を書いていますが、

あまり強調していません。

 

 

以前は最高月収112万!と書いてたんですが、

そもそも実績ありきで集めるのって

本質じゃないな、と思いまして。

 

 

文章や、書いている内容を見たのち、

僕のことをどう感じるかは、

読者に任せています。

 

 

ちなみに僕は、

複数のメディアを持ってますが、

実績を使った集客というのは、

ほとんど行ってません。

(必要があれば、出しますが。)

 

 

それでもちゃんと収益が出る仕組みを、

構築できています。

 

 

なぜなら

「文章で感情を動かせる」

から。

 

 

それだけ文章能力を鍛えてきたからです。

 

 

僕は、

メディア運営をしてみようと決めてから、

ロクに文章を書いたことないにも関わらず、

ワードプレスやメルマガを先に開設しました。

 

 

最初は、自分にネタがないので、

書評記事から、書き始めました。

 

 

たまに初めて書いた記事を見返すと、

穴があったら入りたい気分になります。

 

 

僕の感情が全くこもっておらず

本当にどこでもあるような、要約しただけの文章。

 

 

面白さの欠片もなければ、

また読みたいとも感じません。

 

 

これではいけない。と思い、

ライティングスキルを上げるために、

書籍を買ったり、

企画に参加したり、

上手いと思う文章を写経しました。

 

 

映画や漫画、小説を読む量も増やし、

使える単語や語彙を増やしていきました。

 

 

感情が動いた場面をメモし、分析し、

自分のメディアに応用しました。

 

 

このように地味〜〜な改善を繰り返しながら、

文章を毎日書いていると、

あるとき

「Uta(ユータ)さんの文章を読んで、

 自分もビジネスをやってみようと思いました!」

と読者の方からコメントをもらいました。

 

 

めちゃくちゃ嬉しかったし、

一気に自信が湧いた。

 

 

僕も文章を書いてもいいんだ、

と再確認できた。

 

 

そうした経験を重ねながら、

勉強を続けていくうちに、

「商品を、ネット上で、文章だけで」

販売することができるようになりました。

 

 

ネットに文章を書く。

商品が売れる。

これはもはや錬金術に近いです。

 

 

文章が僕の代わりに、

セールスしてくれるので。

 

 

僕は一度文章を書いたら、

あとは何をしててもOK。

 

 

僕が文章を書くのは、

時間も場所も選びません。

 

 

カフェでも家でも、

THE・ノマドな感じで浜辺でもOK。

 

 

 

 

その上ライティングスキルは、

ある程度、型を押さえて文章を練習すれば、

誰でも手に入れられるスキルです。

 

 

こんなにライバルも少なく、

ブルーオーシャンの能力は他にはないと、

心底思います。

 

 

僕のように、

メディアを自分で作り、

文章を物を売れる人はまだまだ少数派。

 

 

市場も無限で、飽和しないスキルなので、

僕はこれからも

文章スキルを磨いていこうと思います。

 

 

 

 

 

例えば、上記の文章を読んだとき、

あ、自分も文章を書いてみようかな。

という気持ちが頭をよぎりませんでしたか?

 

 

ネットビジネスを既に行ってる人であれば、

改めて、ライティングスキルを

強化しようと思ったはずです。

 

 

これは、

1つは物語の力を使ってるのですが

ストーリー性を持たせることで、

読み手の感情を動かしやすくなります。

 

 

じゃあ、なぜストーリーを利用すると、

人は動きやすいのか。

 

 

どんな表現を使うといいのか。

このようなことも深く学んでいくと、

文章だけで人を動かせるようになっていきます。

 

 

そして、この能力を鍛えるには、

「普段から心動いた瞬間を分析する癖」

をつけることが非常に有効。

 

 

 

 

ツイートでは、ここまでしか書いてませんが、

ーーーーーーーーーーーーー

・知的好奇心

→知りたいという人間の根本欲求

・ビジネスに繋げるため

→僕が持つ承認欲求。

・知ってる著者だった

→信頼がある

・口コミが良かった

→社会的証明

ーーーーーーーーーーーーー

というようにまだまだ細分化できて、

様々な要素が絡んでいます。

 

 

そして、情報発信をして、

文字を書いて稼ぎたいなら、

文章の鍛錬は終わることはありません。

 

 

僕は街中を歩いていて、

いい表現を見つけたり、

あなたの感情が動いたら、

常に自分の文章に生かすことを考えてます。

 

 

そして、それが何よりの訓練になります。

 

 

商品をネット上で、

文章だけで売るスキルは、

・希少性

・実用性

・収益性

どれをとっても最高なので、

ぜひ鍛えてみてください。

 

 

もし、強い言葉に頼りそうになったら、

藍染の言葉を思い出して、

文章を書いていきましょう。

 

 

 

 

僕のメルマガやブログも、

色んな工夫を凝らして文章を書いてるので、

ぜひ、研究してみてくださいね。

 

 

ではでは!

 

 

P.S.

 

僕は元々、愚痴・嫉妬・言い訳にまみれた

底辺会社員でした。

 

おれなら絶対やれる。

まだ本気出してないだけ。

 

そう自分に言い聞かせながら

7年間、具体的な行動は起こせませんでした。

 

今は起業して最高月収112万を稼ぎ

肉体的にも精神的にもだいぶ楽になってます。

 

ぶっちゃけ、まさか自分がこんな人生を歩むとは思ってもみませんでした。

元々言い訳だらけの人間だし。

そもそもビジネスとか知らんし。

 

学んでわかったことは、

結局、自分の想像の延長線上には

目を見張るような変化はないってことです。

 

僕が変われたのは、

愚直に学び、自分の常識をぶっ壊して

素直に異世界を覗いてみたから。

 

勇気を持って異世界を"確かめてみる"こと。

これは人生でもトップレベルに大事なことだと言い切れます。

僕はそうやって成長してきたし、これからも勉強を続けていきます。

 

この記事では、

言い訳ばかりの社畜がどのようにして今にいたるかを書きました。

→Uta(ユータ)のプロフィール。社畜→起業→惨敗→月利7桁突破した物語

 

----------------------------------

 

メルマガもやってます。

ブログには書けない裏話や具体的なテクニックを配信中。

 

3つの特典も

期間限定でプレゼントしてるので、

興味があれば受け取ってくださいね。

 

→メルマガの詳細はこちらから

 

関連記事

コメント

  1. Utaさん、こんばんは。

    安永です。(^_^)

    今日はこのメルマガ読んで、感銘を受けたのでコメントします。

    文章、上手いですね。

    いや、当たり前というか、僕はUtaさんの文章にやられてコンサル受けた身ですから、Utaさんの書く文章にはいつもブスリと殺られます。(笑)

    この記事は本質を突いているなーと思います。

    僕も一応ソングライターなので、気を付けている事があります。

    いかに、愛している、と言わないで愛しているを伝えるか。

    いかに、頑張って、と言わずに頑張れを伝えるか。

    歌詞を書くとき、そんな事を考えます。

    なぜなら、その方が伝わるからです。(^_^)

    星を見るとき、少し視線を外した方が星の場所が分かるって事、ありません❔(笑)

    そんな感覚、きっと文章にもあるんじゃないかと思います。

    そのものズバリを言わないで、その事をより深く伝える。

    強い言葉を使わないで、より深く相手に刺さる文章を書く。

    極めると楽しいですよね。(^_^)

    って、そんなに文章書いてませんが…

    これからもメルマガやTwitter、楽しみに読ませて頂きます。

    いっぱい刺激を受けているので、そのうち僕もなんか書き始めるかも。(笑)

    期待しないで待ってて下さい。(^_^;)

    ではまた。(^_^)✌️

      • Uta(ユータ)
      • 2020年 7月 11日

      >安永さん

      ご無沙汰してます!そういってもらえると嬉しいです^^

      安永さんはソングライターなので、
      それこそ言葉への感度は凄く高いですよね。
      以前も古典の話とかしましたもんね!懐かしい…笑

      >いかに、愛している、と言わないで愛しているを伝えるか。
      >いかに、頑張って、と言わずに頑張れを伝えるか。
      >歌詞を書くとき、そんな事を考えます。
      →本当にこれですね!言葉は極めると物凄い武器になるので、
       日々楽しく鍛えてます。

      >いっぱい刺激を受けているので、そのうち僕もなんか書き始めるかも。(笑)
      >期待しないで待ってて下さい。(^_^;)
      →期待して待ってます!笑

      僕もまたメルマガ書いていきますね。
      お互い頑張りましょう!

      引き続き、よろしくお願いします。

  1. 2020年 8月 01日

実績

※一部です。

詳細はこちらから。

僕の理念とUta(ユータ)のプロフィール

 


はじめまして。
Uta(ユータ)という名前で活動をしています。


簡単なプロフィールは


・90年生まれ、長崎のど田舎で育つ

・都会でイケてるビジネスマンになりたいという理由で上京

・社畜生活に絶望。夢破れる。

・27歳、逃げるように退社。そして独立。

・独立後、家賃も払えない極貧生活をする

・思考を変えて勉強。現在、最高月収112万

といったかんじです。

 

このブログでは、


①”個人”で「選択肢を持って」生きる方法

②パソコン1台で生活する起業家の生活

③勉強により、人生は変えられる

など、

いわゆる一般常識とは違う

世界を知るきっかけに

してもらえればと思ってます。

僕の詳しいプロフィールは
こちらにまとめています。

詳しいプロフィール

初心者コーナー

初心者コーナー

 

起業家マインドや考え方、ビジネススキルを

基礎から習得できるコンテンツをまとめました。

 

ぜひ このコーナーの内容を真剣に学び、

ビジネスに挑戦してみてください。

限定3大特典配布中。

①ビジネスの全体像の把握

②最初の報酬GET

③今日からビジネスを始められる

特典です。

「ビジネスってこんなもんか」 という感覚を掴みたい人はぜひ手に取って読んでみてください。