元社畜が起業を通して変わっていく物語

3時間労働で社畜時代の5倍の収入&ダメダメだった過去の話。

 

 

自己紹介

 

 

初めまして、Uta(ユータ)です。

 

 

とりあえず、

「いや、お前なんて知らんやん!」

ってなると思うので、軽く自己紹介を。

 

 

僕は、現在は個人で活動してる

九州出身のアラサー男性です。

 

 

2019年11月に瞬間最大風速ですが、

月利で112万を稼ぐことができました。

 

 

事業はメディア運営と欧米輸入をしていて、ざっくりいうと

オンライン完結(ネット上のみ)で

売上/利益を上げること

が得意です。

 

 

多分ここが1番、他の人と違う部分かなと。

 

 

基本的にはオンラインのみで事業を完結してるので、

家から1歩も出ずに売上が上がります。

 

 

具体的には

・ブログ/メルマガなどの各種メディア運営

・独自コンテンツの販売

・欧州からのブランド品輸入

・個人/法人に向けたコンサルティング

・・・あたりですね。

 

 

元々、起業に興味を持ち始めたのは、

大学時代ですが、実際に始めたのは27才になってから。

 

 

ビジネスを始めるまでに

7年以上かかってるので、

行動力は高くない部類かな、と。

 

 

現在の状況を軽く書いておくと

 

・月収は最低でも30万円以上

・それをMacBookとスマホのみで達成

・毎日好きなカフェで作業

・毎日朝11時に起床

・ビジネスを始めて約2年で月収50万円を達成

 (現在の最高月収は112万円)

 (最初は月10万程度しか稼げず、家賃払えなかった。。)

・お金/知識/スキル/人脈がない状態からスタート

・好きな時間に好きな場所で仕事する

・起業初期に失敗し、借金を背負う

・現在の作業時間は1日3〜4時間

・自他共に認める元ノウハウコレクター

・毎日2時間以上、勉強

・メンターをぶち抜きたくて仕事している

・仕事にハマると12時間くらい平気で作業

・ダウンタウンのトークを見すぎて、内容を暗唱できる

・可愛い女の子が大好き

・etc

 

 

これを読んで

「本当かよ」

と思いますよね?

 

 

大丈夫です。

 

 

僕も最初、

堀江貴文さんを始めとする

起業家の世界を知った時、

同じように思ってました。笑

 

 

ですが、

僕は元々知識もなければ、

スキルもお金も人脈もない。

 

 

あるのは

「おれはやれば出来るんだ」

という無駄なプライドだけでした。

 

 

そんな僕でも上に書いたような状態を

達成できたんですよね。

 

 

実績

 

【マーケティング/コンテンツ販売】

 

マーケティング事業では、

・企業や個人のコンサルティング、

・コンテンツ販売

を行ってます。

 

 

 

(下の-2,433€は物販の買い付け費用です。)

 

 

あと最近だとnoteとかも販売してます。

 

 

【物販事業】

 

【BUYMA(バイマ)】

 

 

入金依頼すると、こんな感じで5日ごとくらいに入金されます。

 

 

 

 

【メルカリ】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※メルカリが月ごとの販売履歴がなく、

 見にくくなってしまいました。。

 

 

2018年までは独立して1年間、

月収10万前後しか稼げませんでしたが、

2019年3月に月収70万、

11月に月収100万を突破しました。

 

 

収入が変わった理由は後述します。

 

 

ただ、僕の基本的な考えとしては、

僕は大事なのはコンテンツの中身だと思ってます。

 

 

一応、実績も載せてますが、

実績画像は偽造しようと思えばできるので。

 

 

なので、僕に本当に実力があるかどうかは

各コンテンツも見て判断してもらえると。

 

 

当ブログの理念

 

 

僕は基本的に非常にわがままです。

嫌なことはやりたくありません。

 

 

100年生きるとしても、

36,500日しかないので、

出来るだけ自身の満足度高く人生を過ごしたい。

 

 

そう思ってます。

 

 

だからブログのコンセプトを

「Liberal Choice(自由な選択)」

としました。

 

 

んで、当たり前ですが

自由度高く生きたいなら、

それなりの力を持たないといけません。

 

 

漫画ワンピースに出てくる

トラファルガー・ローが作中で、

「弱え奴は死に方も選べねえ」

 

(出典:漫画ワンピース67巻)

 

と、辛辣なセリフを口にしますが、

「力がない奴は生き方を選べねえ」

というのは、この世界の1つの真実です。

 

 

とはいえ、インターネットのおかげで、

個人が自由に生きるためのハードルは

鬼低くなりました。

 

 

多くの人が挑戦すらしないからこそ、

気概を持って学び、実践すれば、

想像よりも容易に、自由な人生を歩めます、

 

 

さらに、起業家の端くれとして生きていると

色んな人に接する機会がありまして。

 

 

時間的にも経済的にもゆとりを持ちながら、

人に感謝もされて、

人生を思う存分謳歌してる人も多いんですね。

 

 

僕自身も力をつけながら、

この人たちのように人生を謳歌したいし、

このような個人と絡んでいきたいな。

と思っています。

 

 

いわゆる”常識”では考えられないくらい

すごい人たちはたくさんいます。

 

 

僕は長崎の出身で、友人は公務員が多く、

また両親も公務員です。

 

 

だから自分が、

このような人生を歩むとは、

全く思ってなかったんですね。

 

 

1度、会社員も経験しましたが、

「自分で人生をコントロールしている感覚」

が全くありませんでした。

 

 

毎日、重苦しい気持ちで

ため息をつきながら肉体を酷使する。

 

 

その後の、会社からの帰り道で、

ふと頭をよぎるんですよね。

 

 

「同じ毎日を惰性で繰り返して…

 これ生きてるって言えるのかな?」

と。

 

 

もちろん、人によりますが、

少なくとも僕には組織で生きるのは、

向いてませんでした。

 

 

もうあの頃には戻りたくないです。

 

 

そして、僕が会社員とフリーランス、

2つを経験して思うのが、

「自分で選択ができなければ人は幸せと感じない」

ということです。

 

 

逆に、

選択肢を持つことができれば、

どんな立場であっても満たされた気持ちになれる

と考えてます。

 

 

選択肢を持つための1つの手段として、

自分で収入源を持つことに、

大きな意味があると思ってます。

 

 

この考え方については、

動画も撮っているので、よければご覧ください。

(7分程度でサクッとみれます。)

 

 

 

 

恋愛、料理、音楽、本、友人、ete…

 

 

日常的に僕らが選んでいる、これらの行動は、

「自分」で決めているからこそ

幸せを感じます。

 

 

仮に、上記の事柄を

「人に決められたものしか選んではいけない」

となると、考えるだけで僕は嫌になります。

 

 

その一方、

人生の大半を捧げる仕事はどうでしょう?

 

 

好きで働いている人は

もちろんいいのですが、

過去の僕のようにそうでない人も多くいるでしょう。

 

 

この

「特定の組織でしか働く選択肢を持っていない」

ことが、僕が昔感じていた閉塞感の原因なのかなと。

 

 

僕は、

会社の上層部が勝手に決めたことを

上司から淡々と命令され、機械人形のようにこなすのが、

めちゃくちゃ嫌でした。

 

 

嫌だ嫌だと思えば思うほど、

出口がなく、毎日鬱々としてました。

 

 

だからこそ、選択肢を持つ力が

重要だと考えています。

 

 

今は、

僕のことが怪しいと感じるかもしれませんし、

別にそう思ってもらって構いません。

 

 

ただ、本当にあなたに知って欲しいのは、

生きるにはたくさんの選択肢があるよ、

ということ。

 

 

そして勉強と実践さえすれば、

選択肢を持った人生は余裕で手に入るよ。

ということです。

 

 

まずはとりあえずで構わないので、

あなたが知らない世界があり、

そこにはだれでも到達出来る、

ということだけ頭に入れて、

このブログを読んでいただければ嬉しいです。

 

 

そして、繰り返しになりますがコンセプトは

「Liberal Choice(自由な選択)」

です。

 

 

選択肢を持てることで、

肉体的、精神的、経済的に

充実した人生を送ることができます。

 

 

実力がつくとともに、

いわゆる資本主義社会における階級も

上がっていきます。

 

 

ちなみに現代の日本において、

階級移動はめちゃくちゃ楽

です。

 

 

要は一般人でも

富裕層に移動しやすい、

ってことですね。

 

 

これって結構すごくて例えば江戸時代だと、

士農工商の身分が決まっていたので、

階級移動って基本できません。

 

 

明治、大正、昭和もネットが普及していないので、

知識って寡占的な要素が強かったと思います。

 

 

でも今は情報なんていくらでも

手に入りますよね?

 

 

だからせっかくこんな恵まれた時代、

(しかも先進国で安全大国日本!)

に生まれたのだから、

ビジネスをやらない理由がありません。

 

 

早めに市場からお金を生み出すスキルを身につければ、

その分、選択肢を持ちながら、

人生を歩んでいけます。

 

 

僕を劇的に変えたのは●●

 

 

そして、僕の収入が劇的に変わった最大の要因、

それは、

「戦略」

です。

 

 

戦略を学ぶことで、

飛躍的に自由を獲得する速度が上がります。

 

 

過去の僕も含め、多くの人が、

「頭脳労働が肉体労働の10倍以上の価値がある」

ことを認識していないのです。

 

 

だから、1日10時間作業をしても、

月収が10万円稼げない、

といった事態が起こるのです。

(過去の僕です。)

 

 

裏を返すと、

「戦略を練れば、1/10以下の労力で今以上の成果」

を出すことが出来ます。

 

 

僕は元々、

「意識高い系×行動量が全て」

って考えだったんですよね。

 

 

だから独立したての頃は、

1日12時間ほど毎日仕事をしてましたが、

月収が10万程度でした。

 

 

とりあえず行動すればなんとかなる、

と思ってたんですよね。

 

 

しかし現実はそんなに甘くありません。

 

 

「行動することが大事」

というのはよく言われますが、

行動を重視するタイミングと、

戦略を練るタイミングがそれぞれあります。

 

 

そして実は成果を上げるための重要度としては、

行動2:戦略8

くらいのバランスです。

 

 

行動が不要、というわけではなくて、

優先順位として、戦略の方が高い、

ということをこの機会に覚えておいてください。

 

 

ダサくて、ショボかった…。

 

 

と、偉そうに色々書いてきましたが、

僕自身、相当だらしない部類の人間です。

 

 

今回は自己紹介も兼ねているので、

ダメダメだった僕の過去も

共有していきますね。

 

 

ダサい部分があるので、

正直、あまり言いたくありませんが、

まあ、こんな奴でも独立できるんだな。

と参考にしてもらえれば。

 

 

物語調で書いたので、

さらっと読んでみてください。

 

 

それではどうぞ。

 

 

ーーーーーUta(ユータ)の物語ーーーーー

 

 

僕は元々出来損ないの会社員で、

無駄にプライドだけが高い、

口先だけのダメ人間でした。

 

 

【目次】

1.ど平凡な小・中・高の生活

2.価値観激変の大学時代

3.同じ世代が1億円・・?

4.ビジネスと自由への憧れ

5.毎日泣きたい。。地獄の会社員時代

6.起業家の後輩との再会

7.勢いで独立&借金を背負う

8.本気で学び、月収50万円を突破!

 

 

1.ど平凡な小・中・高生活

 

 

会社員時代は地獄の日々を送るんだけど、

それ以前はわりと順風満帆で平凡な日々を送ってた。

 

 

ネットビジネスでよくあるのは、

「昔いじめられてて、一念発起した」

「コミュ障で友達がいなかった」

「不登校で引きこもり」

みたいな内容だけど、そんなこともない。

 

 

友人にも恵まれ、

わりと健全に育ったのではないか、

と自負してる笑

 

 

小学校時代は、

自然豊かな長崎の離島で過ごした。

 

 

そのときに、

現在でも付き合いのある大親友もできて、

当時は半ば野生児のような生活をしてた。

 

 

小学校高学年までは

ほとんどテレビゲームもしたこともない。

 

 

素朴で純粋な子供だったと思う。笑

 

 

小学校高学年では野球をするものの、

中学ではバドミントン部に所属。

 

 

このときから、

「ライバルが弱いところで戦う」

という考え方があったのかもしれない。

(野球よりバドミントンの方が競技人口がすくないので笑)

 

 

先輩は基本クズしかいなかったけど、

僕らの世代は結構、練習を頑張った。

 

 

彼女も中学のときに始めてできて、

中学や高校を通していわゆる、

クラスのカースト的なものも、

そんなに低くなかったように思う。

 

 

だから高校までは

マジで可もなく不可もなくやってた

 

 

めちゃくちゃ健全。

自分で言うのもなんだが割と優等生。笑

 

 

ぼんやりと

「将来は公務員にでもなるのかなあ」

と考えていた。

 

 

そんな僕の価値観が大きく変わったのは、

大学時代だ。

 

 

2.価値観が激変した大学時代

 

 

順風満帆な生活を送っていたが、

大学のセンター試験で初の失敗。

 

 

厳密には失敗というほどでもないけど、

元々の志望校には届かないレベル。

 

 

悩んだ末にレベルを落として

現役合格を狙ったんだけど、

僕は勉強意欲を失った。

 

 

周りが勉強を頑張るなか、

僕は目標がなくなり、勉強時間が減ったので、

家で1人で映画を見ることが増えた。

 

 

合わせてそのタイミングで、

それまで付き合ってた彼女とも

別れたんだよね。

 

 

だから彼女欲しいなあ…

と思ってたんだけど、

たまたま映画を見ながら漠然と思った。

 

 

「なんか英語話せたらモテそうじゃない…?」

 

 

これがキッカケとなり大学在学中に

1ヶ月間の短期留学へ。

 

 

まあ、この行動力だけは

褒めてあげてもいいかもしれないw

 

当時は

・マイネーム イズ ユータ

・グッモーニン

・サンキュー

程度の語彙力で1人で外国に乗り込んだ。笑

 

 

そして、

留学先のオーストラリアで出会ったのが

自由奔放な外国の人々。

 

 

特にスペイン、ブラジルの人たちは衝撃だった。

 

 

留学中は語学学校に通ってたのだが、

アジアの人々は比較的真面目だから、

授業の5分前には着席し教科書も準備完了。

 

 

 

 

しかしぼくの友達のスペイン人は教材も持たなければ、

授業中に机に足を放り出して、

さらにはりんごを食べ始める始末…。

 

 

 

もう1人のブラジル人の友達は授業終了5分前に

平然と入ってきて、

「友達と会って話してたから遅れた」

と悪びれずに先生に笑顔で伝えている。

 

 

「いや、お前らどこぞの社長けw!?!?!?」

 

 

正直何が起こってるのか

初日はわからなかった。

 

 

あまりにも近いすぎる価値観や行動。

 

 

しかし彼らの中では彼らのルールや習慣があり、

それに従っているだけだった。

 

 

いい意味で価値観をぶっ壊された。

あ、世界にはそれぞれの国の常識があるんやな。

という当たり前のことを思い知った。

 

 

このとき初めて自分の価値観が、

「日本」

「親」

「小中高の教育

によって作られていたことを自覚する。

 

 

留学した人は、

似たようなことを感じたことがあると思うが、

田舎者の僕にとっては、本当に衝撃的な経験だった。

 

 

 

3.同じ世代が1億円を稼ぐ…?

 

 

衝撃的な経験をしながらも、

異国の地でたった1人で1ヶ月過ごせたことで、

僕は、少なからず自信をつけていた。

 

 

何でもできるぜ!という厨二病的全能感。笑

 

 

以前よりも積極的に、

新しいことに挑戦したいと思うようになり、

バックパックや海外旅行にも興味を持ち始める。

 

 

そんな中、興味の赴くまま、

ネットサーフィンをしてると、

とある人のブログにたどり着いた。

 

 

その人は明治大学に在学していて

同じ大学生にも関わらず、

・世界一周

・ブログで一億円稼ぐ

など信じられない経験をしていた。

 

 

いやまじか…。

たった1歳上の人がそんなに稼げいでるの?

いいなあああああ!!

羨ましいいいいいい!!!

 

 

そんな感情が抑えられなかった。笑

 

 

それまで僕は

・お金はバイトでしかもらえない

・将来会社で偉くなったら、たくさんもらえる?

くらいにしか考えてなかったので、

かなりインパクトがあった。

 

 

たった2つ上の学生が1億円を稼ぎ、

世界一周もしているというのは、

かつてない衝撃だった。

 

 

 

4.ビジネスと自由への憧れ

 

 

彼を知ってから、

ビジネスに徐々に興味を持ち始める。

 

 

元々読書は好きだったけど、

これをキッカケに

堀江貴文さん、サイバーの藤田さんなど、

起業家の本や自己啓発書を読み始めた。

 

 

そこで知った、

会社員や公務員の親とは違う自由な世界。

 

 

めちゃくちゃ憧れて

「おれもいつか自分でビジネスをやるぞ!」

と、やる気に満ち満ちてた。

 

 

いわゆる意識だけ高い系学生って感じ。

 

 

 

 

しかし結局、具体的な行動は取らず、

「とりあえず3年は会社で働く」

という謎の価値観と共に

気がつけば、就活を始めていた。

 

 

無事に(?)東京にある人材系の企業への

入社が決定した。

 

 

5.地獄の会社員時代

 

 

とりあえず3年という

謎の価値観に支配された僕は、

東京に上京して働き始める。

 

 

大学では人と違うことにもたくさんチャレンジをして、

自信に満ち溢れていた僕は、

「自分ならできる」

と胸を張って、上京した。

 

 

しかし待っていたのは

営業成績が全く上がらない日々。

 

 

簡単に僕の倍以上の売上を立ててくる同期。

それを認められない自分のプライド。

 

 

なかなか思うように成績も上がらず、

徐々に日々を惰性で過ごすようになっていった。

 

 

気の合わない上司にも愛想笑いをする。

理不尽に怒られても納得した振りをする。

日々、満員電車に揺られながら俯いて会社と家を行き来する。

 

 

行動の1つ1つが、理想とかけ離れていて、

徐々に僕を蝕んた。

 

 

 

 

元々気の合う人としか深い付き合いをしないため、

会社では同期や先輩とも打ち解けられず、

近場に心を開ける人もいない。

 

 

どんどん自分に

自信がなくなった。

 

 

平日が早く終わることだけを

毎日願っていた。

 

 

心の支えになるのも、

月曜日のジャンプや、

水曜日のマガジンなど漫画のみ。

 

 

大学時代の

「自分でビジネスをやるぞ!」

という気持ちなど完全に頭から消え去っていた。

 

 

日々、どうやって

上司に目をつけられずに

やり過ごすかだけを考えていた。

 

 

とはいえ、僕は見栄っ張りだ。

 

 

大手の企業と仕事もしてたから、

地元に帰ったときは粋がっていた。

 

 

そんなことをしても

虚しいのは自分が1番わかってるんだけど。

 

 

それでも現状を認めたくなくて、

日々をなんとか薄っぺらいプライドを

振りかざして生きる毎日。

 

 

そんな灰色の日々を送り、

気がつくと社会人になって

4年が経過していた。

 

 

4年。

365×4=1460日。だ。

 

 

毎日逃げ出したいと思いながら

後ろ暗い気持ちで過ごした歳月だった。

 

 

6.起業家の後輩との再会

 

 

そうやって惰性で日々を過ごしていく中で、

大学時代の後輩から連絡をもらった。

 

 

「今度東京に行くので久々に飲みませんか?」

 

 

特に用事もなかった僕は快諾。

 

 

その後輩は起業をするために、

大学を中退した後輩だった。

 

 

彼の現状も気になりながら、当日を迎える。

 

 

そこで目にしたのは会社を立ち上げ、

自由に時間を使い、

会社員の4〜5倍の収入を得て、

全国を転々とする後輩だった。

 

 

まさに自分自身がなりたかった人物に

彼がなっていたのだ。

 

 

 

 

実はその後輩とは大学時代、

同じ部活だったのだが、

よくビジネスの話をしていた。

 

 

彼も堀江貴文さんをはじめとした

起業家の本を読み、

自分で会社を起こすことに興味を持った1人だ。

 

 

会社員時代、週末によく1人で過ごしていたぼくは

読書だけが心の支えだったので、

多くのビジネス書を読破していた。

 

 

だから立場は違えど、

彼と仕事の話はなんとかできた。

 

 

さらにその後輩が退学の決断をするときに、

背中を押したのが僕だけだったようで、

彼の中では僕はまだ起業家候補の1人として存在していた。

 

 

まあ完全な買い被りだが…。笑

 

 

再会して一通り近況を話したあと、

唐突に彼から一言。

 

 

「ところで先輩はいつ会社辞めるんですか??」

 

 

7.勢いで独立し、借金を背負う

 

 

後輩と再会してから数日。

彼の目標を叶えた姿が頭から離れない。

 

 

僕の中では

「自分もあんな風になりたい…!」

という起業への気持ちが再燃していた。

 

 

「でも会社ですら活躍できないし。」

「貯金もないしな…」

「なんだかんだ先輩や

 同期にもお世話になってるし…」

 

 

人間の脳は、現状を維持するための

言い訳を考えることがめちゃくちゃ得意だ。

 

 

行動しない言い訳が頭をよぎる。

しかし、それでもやはり諦めきれない…。

 

 

というわけで僕は、

とりあえず週末にできるビジネスを検索し、実践。

 

 

最初に始めたのは転売だった。

 

 

意外とすんなり5万円くらい稼げたので、

いけるのではないかと思った僕は、

勢いそのままに退職。

 

 

正直、ちょっと考えなさすぎたかなあ…。

 

 

でも当時はとにかく会社から、

一刻も早く逃げ出したかったからしょうがない。

 

 

独立後は上述した通り、行動量で勝負した。

作業時間は1日12時間以上。

 

 

それでもなかなか成果は上がらない。

 

 

最初は生活していくのがやっとで、

口座の残高が1,000円を切ったこともある。

 

 

1日12時間を超える作業を続け、

疲れ始めていた僕は、楽しようとして、

売れ筋(と、当時思っていた)商品の在庫を、

大量に買い込む。

 

 

しかしその商品が思ったように売れず、

金銭のやり繰りをしていると。。。

 

 

気がつけば借金が…。

 

 

 

 

今思えば、当時が

肉体的にも精神的にも一番辛い状態だった。

 

 

8.本気でビジネスを学び、月収50万円を突破!

 

 

「やっぱり才能がなかったのか…」

 

 

借金をしたあとは、

ポジティブマンの僕もさすがに凹んだ。

 

 

結局、独立後を振り返ると、

最初の1年は、最高月収が15万。

 

 

そりゃキツイわw

 

 

ほんと、会社員に戻るというのが、

何度も頭をよぎった。

 

 

それでも自由な生活への憧れもあったし、

1年も経たずにビジネスを辞めることは、

自分自身が許せない。

(大見得を切って前職もやめたし…。)

 

 

ただ、

このままではどうにもならないので、

改めてちゃんと勉強しようと腹を括った。

 

 

このときに今のビジネスの師匠と出会う。

 

 

彼はビジネスを細分化して、

理論的に説明してくれた。

 

 

マジで出会えて運がよかった。

 

 

最初は彼の

「作業より戦略が大事」

というこれまでの自分とは真逆の価値観に

拒否反応があった。

 

 

「いや、作業せんと稼げる訳ないやろw」

とか思ってた。

 

 

でも結局、これまでの僕の考えでは

結果は出ていないのだ。

 

 

もうチンケなプライドは捨てて、

一旦、彼の考えに全面同意しよう。

 

 

そう決めてからは、

毎日5〜6時間の勉強時間を捻出しながら、

自分のビジネスを再構築した。

 

 

作業時間を減らした分、

メンターの動画や教材を買いあさり、

インプットしまくった。

 

 

1日6時間も勉強してると、

価値観が一気に書き換わる。

 

 

そこでようやく戦略の重要性に気づいた。

「あれ・・?おれ間違ってた?」

 

 

その後、

「作業2:戦略8」

の方針に転換してからは

安定して収益が上がるようになる。

 

 

勉強して改めてわかったんだけど、

僕が招いた負の結果は全て知識不足が原因だった。

 

 

キチンとビジネスを勉強をすると、

面白いほどスムーズに収益が上がる。結果が出る。

 

 

このあとは、

勉強して結果が出す快感に病みつきになり、

多い時は100万単位で、勉強代にブッ込むように。

 

 

結果的に

1日3〜4時間の労働で月収50万円

を達成できるようになった。

 

 

今もメンターを超えるべく、

勉強を続けながら事業を拡大中。

 

 

チャレンジングな日常は、

何事にも代え難いほど充実していている。

 

物語おわり

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 一言メッセージ

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

 

ここまで読んでいただき、

ありがとうございました。

 

 

僕は自分のメディアで僕の考えや経験を発信していますが、

「Uta(ユータ)さんだからできたんでしょ?」

とよく言われます。

 

 

人よりも努力できるから。

そもそもビジネスが大好きだから稼げたんだ。

とか言われますが、

関係ありません。

 

 

これは100%断言します。

 

 

そもそも

僕は結果が出るのが人より遅い

です。

 

 

独立後1年間はほぼ稼げてないし。

 

 

目新しいものに飛びつく

ノウハウコレクターだったので、

かなり失敗してきました。

(今でもたまに新しいノウハウに浮気しそうになります…)

 

 

そのせいか、

僕は本当に独立してからも

一時は、出来損ない社員時代の、

コンプレックスを引きずってました。

 

 

しかし、結果が出て、

初めて自信を持つことができたのです。

 

 

とはいえ、

まだまだしょぼいのは自覚してます。

 

 

メンターや周りの人を見ると、

まじですげぇな、と毎回思う。

 

 

けれども、僕のように

周りから認められなかったダメ人間でも

その状態の自分からは変われます。

 

 

僕のメディアも

どんどん変わっていくので、

見ててください。

 

 

で、ビジネスをして心から思ったのは、

誰でも、

(1)適切な知識をつける

(2)戦略を立てる

(3)実践&改善する

この3つができれば、必ず人生は好転させられる

ということ。

 

 

結局、僕たち日本人は

日々生きることにはさして困っていません。

 

 

だからみんな、

何とな〜く日々を肯定して、

惰性で生きてくわけです。

 

 

でもそれでも、

もっと自由に生きたい!

今の自分から変わりたい!

もっと稼ぎたい!

と思う人はたくさんいるはず。

 

 

となれば、

自分で知識をつけて、

学んでいくしかないのです。

 

 

まあ日本に生まれた時点で

わりと勝ちゲーです。笑

 

 

失敗しても死なないいい国です。

僕も借金あっても死にませんでした。

 

 

というか僕の中では、

借金のあるなしより、

スキルのあるなしの方が大事です。

 

 

多少借金があろうが、

スキルを身につけておけば、

いくらでも復活できます。

 

 

けど、知識やスキルがなければ、

復活できません。

 

 

なので、

知識、スキル、経験が最も大事。

 

 

知識は、

人生を好転させる唯一の道なので、

僕はこれからもガツガツ学び、実践していきます。

 

 

知識を得て、実践すればするほど、

自分のスキルや経験がどんどん上昇します。

 

 

結果、

収入も自信も、

モテも、余裕も手に入ります。

 

 

勉強して挑戦を繰り返すことで、

男性なら格好良く、

女性なら魅力的に、

年を重ねていけます。

 

 

時間も自由に使えるようにになり、

ビジネスにも、より意欲的に取り組めます。

 

 

可能性が無限にあるビジネスを通して、

「選択肢のある人生を歩む」

この状態を一緒に目指していきましょう。

 

 

というわけで、長い自己紹介もこれで終わりです。

 

 

最後まで読んで頂き、

ありがとうございました。

 

 

初心者の方へ

 

 

最初は何からやればいいかわからないと思うので、

初心者の方向けに、

ビジネス戦闘力をあげるための動画をまとめています。

 

 

合間時間に聞き流すだけで、

思考力が鍛えられるので、

興味があれば、以下からご覧くださいね。

↓↓↓

初心者の方へ

 

 

追記:限定特典とメルマガを無料配信中

 

 

・個人で稼ぐためのスキル

・マーケティングの知識

・僕が短期間で収益を出せた秘密

など、表で出せない情報をメルマガで配信しています。

 

 

特典もあるので、

興味があれば受け取ってくださいね。

 

 

限定特典を無料で受け取る

 

 

メルマガは無料で登録できて、

いつでも解除は自由です。

 

 

つまらんかったら、

サクッと解除してください。笑

 

 

ここまで読んでいただいた方は、

登録しておいて損はないと思います。

 

 

あなたと、

メルマガでも会えるのを楽しみにしてますね。

 

 

Uta(ユータ)公式メルマガ登録はこちら

 

=================

 

以上になります。

ご覧頂き、ありがとうございました。

 

 

運営メディア

 

 

以下、僕のメディアです。

このブログにも貼ってありますが、

改めて掲載しておきます。

 

Youtube

 

Twitter

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2019年 7月 10日
  2. 2019年 10月 22日
  3. 2020年 1月 21日
  4. 2020年 3月 30日
  5. 2020年 4月 03日
  6. 2020年 4月 05日
  7. 2020年 5月 05日
  8. 2020年 5月 10日

実績

※一部です。

詳細はこちらから。

僕の理念とUta(ユータ)のプロフィール

 


はじめまして。
Uta(ユータ)という名前で活動をしています。


簡単なプロフィールは


・90年生まれ、長崎のど田舎で育つ

・都会でイケてるビジネスマンになりたいという理由で上京

・社畜生活に絶望。夢破れる。

・27歳、逃げるように退社。そして独立。

・独立後、家賃も払えない極貧生活をする

・思考を変えて勉強。現在、最高月収112万

といったかんじです。

 

このブログでは、


①”個人”で「選択肢を持って」生きる方法

②パソコン1台で生活する起業家の生活

③勉強により、人生は変えられる

など、

いわゆる一般常識とは違う

世界を知るきっかけに

してもらえればと思ってます。

僕の詳しいプロフィールは
こちらにまとめています。

詳しいプロフィール

初心者コーナー

初心者コーナー

 

起業家マインドや考え方、ビジネススキルを

基礎から習得できるコンテンツをまとめました。

 

ぜひ このコーナーの内容を真剣に学び、

ビジネスに挑戦してみてください。

限定3大特典配布中。

①ビジネスの全体像の把握

②最初の報酬GET

③今日からビジネスを始められる

特典です。

「ビジネスってこんなもんか」 という感覚を掴みたい人はぜひ手に取って読んでみてください。