元社畜が起業を通して変わっていく物語

【映画レビュー】トゥルーマンショー/あなたの生活は操られている?

こんにちは。Utaです。

 

 

昨日、「トゥルーマン・ショー」という映画を見たのですが、

この映画がめちゃくちゃ面白かったので、

レビュー/解説を書いていきたいと思います。

 

 

この映画を見た感想は次の2つです。

 

 

・人は誰しも何かに操られている

・人は変われる

 

 

それぞれ書いていきますね。

 

面白く、考えさせられる映画

 

まずはざっくりと映画のあらすじを解説します。

主人公は俳優のジム・キャリー演じる、

「トゥルーマン」という、一人の男性。

 

 

 

 

彼は愉快でご機嫌な典型的なアメリカ人男性です。

トゥルーマンがこのような性格のため、

映画全体もコミカルなテンポで進んでいきます。

 

 

ただ、このトゥルーマンには大きな秘密がありました。

その秘密とは彼の生活24時間365日が全世界に向けて放映されていて、

それを知らないのはトゥルーマンだけ、という内容です。

 

 

彼はシーヘブンという島に住んでいますが、

そこは人工的に作られた島で、

彼以外の住人は全てエキストラの役者です。

 

 

友人のみならず、両親・妻まで全てエキストラ。

かなり衝撃の内容ですよね。

 

 

日々典型的なアメリカ人の生活を楽しんでいた

トゥルーマンでしたが、徐々に身の回りの異変に気づいていきます。。

 

 

本当にざっくりですが、これが映画のあらすじ。

映画全体はコミカルな要素も多く、見やすいのですが、

内容はなかなかにシリアスです。

 

 

また映画を見ながら考えさせられる内容も非常に多かったです。

自分が常識人だと思っている方にはぜひ見て欲しい作品です。

 

人は誰しも、何かに操られている?

 

僕が映画を見てて怖いな、と感じたのは

人は誰しもが操られている可能性がある、

と感じたから。

 

 

例えばトゥルーマンは、

「トゥルーマンショー」やシーヘブンを作った

監督の思惑どおりに動いています。

 

 

監督が設計した違和感のない世界の中で、

何の疑問も持たず幸せに暮らしていました。

 

 

しかしトゥルーマンはあることがキッカケで、

自分の世界に違和感を感じ始めます。

 

 

これって僕らの世界にも通じるところがあると思うんですよね。

僕は自分で独立してから、いわゆる通常の常識とは

異なる生活を送るようになりました。

 

 

電車に乗ることもなければ、オフィスに出社もしません。

朝は眠ければ起きませんし、共に働く従業員もいません。

もちろん上司や部下も存在しない。

 

 

でも僕は会社員の頃は

上司がいうことは絶対と考えてたし、

出社もしないといけないと考えてました。

 

 

電車に乗ることが普通だと思ってましたし、

昔は車や家を買うのも当たり前だと思ってました。

 

 

でもこれって本当にそうなんですかね?

一度自分の当たり前、特に世間の当たり前は

疑ったほうが損をしなくて済みます。

 

 

世の中の常識は誰かが何らかの意図を持って、

仕組んでいることがほとんどです。

 

その常識で誰が得しているか、を考えよう

 

例えば出社を義務付けたり、

上司からの命令を聞くように

教育するのは全て会社都合です。

 

 

会社が管理をしやすいので。

 

 

ちなみに会社員や公務員に家や車など

高価な買い物をローンを組んで買わせることで

会社から逃れにくくしています。

 

 

で、会社員は所得税を多く取られてますが、

確定申告を会社側が行うため、税金がいくら引かれているか、

なかなかわかりません。

 

 

そして会社員から所得税をとることで国は財源を増やすことができます。

単純に仕組みの話なのですが、このように調べていくと、

仕組んでいる側の狙いが必ずあります。

 

 

所得税や年金を納めなければならないのは、

国に財源がないからです。

 

 

もちろん国が保証してくれている部分もあります(生活保護など)が、

各制度の歴史を調べていくとそこには政府の狙いがあります。

 

 

他にも貯金についても同様です。

貯蓄がいいこと、と教育しておけば、

人々は銀行にお金を預けます。

 

 

そして戦争があった頃の日本は財源が必要だったので、

いざとなれば国民のお金を軍事費用に当てられたわけですね。

 

 

あらゆる物事には必ず仕組んだ側が存在します。

もちろん仕組まれてるからといって、

その全てから逃れるのは不可能に近いでしょう。

 

 

しかし、知っていることで選択肢が増えます。

例えば日本の税制度に不満があれば、

海外の国籍を取得してそこで暮らしてもいいですね。

 

 

トゥルーマンのように選択肢がないこと、

(あるいは選択肢がないことに気づいていないこと)

が不幸だな、と僕は思います。

 

 

だからぼくはもっと勉強をして、

あらゆる仕組みや狙いを知っておきたいな、

とも思ってます。

 

 

逆に世の中のあらゆる狙いを知ったうえで行動していけば、

人間の可能性というのは無限に広がっていきます。

 

 

思い込みが外れたときの人の力というのは、

計り知れません。

映画でもトゥルーマンがそのことを証明してくれてます。

 

 

ちなみに僕の実体験でいうと、自分で独立してから

あらゆる常識がガラガラと音を立てて壊れていきました。

 

 

きっと僕も考えずに生きてきたので、

トゥルーマンと同じような状況だったんだと思います。

 

 

あと、これは完全に僕の主観ですが、

トゥルーマンは英語で「True man」、

つまり「本当の人」と書くことができます。

 

 

僕はこの映画を作ったピーター・ウィアー監督は、

「人間は籠の中の鳥ではなく、

それをぶち破って生きてく力がある」

ということを伝えたかったんじゃないか、と思いました。

 

 

常識に縛られている人はぜひ一度

「トゥルーマン・ショー」を見てみてください。

きっと何か気づくことがあるはずです。

 

 

True man(本当の人間)として生きていけるように

日々思考と行動を積み重ねていきましょう!

ではではー!

 

 

下記の記事は僕の常識が破壊された一例です。

高校生起業家と電話してみた

 

P.S.

 

僕は元々、愚痴・嫉妬・言い訳にまみれた

底辺会社員でした。

 

おれなら絶対やれる。

まだ本気出してないだけ。

 

そう自分に言い聞かせながら

7年間、具体的な行動は起こせませんでした。

 

今は起業して最高月収112万を稼ぎ

肉体的にも精神的にもだいぶ楽になってます。

 

ぶっちゃけ、まさか自分がこんな人生を歩むとは思ってもみませんでした。

元々言い訳だらけの人間だし。

そもそもビジネスとか知らんし。

 

学んでわかったことは、

結局、自分の想像の延長線上には

目を見張るような変化はないってことです。

 

僕が変われたのは、

愚直に学び、自分の常識をぶっ壊して

素直に異世界を覗いてみたから。

 

勇気を持って異世界を"確かめてみる"こと。

これは人生でもトップレベルに大事なことだと言い切れます。

僕はそうやって成長してきたし、これからも勉強を続けていきます。

 

この記事では、

言い訳ばかりの社畜がどのようにして今にいたるかを書きました。

→Uta(ユータ)のプロフィール。社畜→起業→惨敗→月利7桁突破した物語

 

----------------------------------

 

メルマガもやってます。

ブログには書けない裏話や具体的なテクニックを配信中。

 

個人起業スタートのための3つの特典も

期間限定でプレゼントしてるので、

興味があれば受け取ってくださいね。

 

→メルマガの詳細はこちらから

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

実績

※一部です。

詳細はこちらから。

僕の理念とUta(ユータ)のプロフィール

 


はじめまして。
Uta(ユータ)という名前で活動をしています。


簡単なプロフィールは


・90年生まれ、長崎のど田舎で育つ

・都会でイケてるビジネスマンになりたいという理由で上京

・社畜生活に絶望。夢破れる。

・27歳、逃げるように退社。そして独立。

・独立後、家賃も払えない極貧生活をする

・思考を変えて勉強。現在、最高月収112万

といったかんじです。

 

このブログでは、


①”個人”で「選択肢を持って」生きる方法

②パソコン1台で生活する起業家の生活

③勉強により、人生は変えられる

など、

いわゆる一般常識とは違う

世界を知るきっかけに

してもらえればと思ってます。

僕の詳しいプロフィールは
こちらにまとめています。

詳しいプロフィール

初心者コーナー

初心者コーナー

 

起業家マインドや考え方、ビジネススキルを

基礎から習得できるコンテンツをまとめました。

 

ぜひ このコーナーの内容を真剣に学び、

ビジネスに挑戦してみてください。

限定3大特典配布中。

①ビジネスの全体像の把握

②最初の報酬GET

③今日からビジネスを始められる

特典です。

「ビジネスってこんなもんか」 という感覚を掴みたい人はぜひ手に取って読んでみてください。