元社畜が起業を通して変わっていく物語

【書評】人を操る禁断の文章術を読んで分身を増やそうと思った話

こんにちは、Utaです。

 

 

 

今日はメンタリストDaigo(ダイゴ)さんの著書、

「人を操る禁断の文章術」

についての要約を書いていきたいと思います。

 

 

 

少し前に読んだ本なのですが、

レビューを忘れていました。。。

 

 

 

個人的にDaigoさんの書籍は

いくつか読みましたがその中でも

オススメの本です。

 

 

 

では早速まとめを書いていきたいと思います。

 

 

 

 

【目次】

 

1.文章を操れば稼げる

 

2.著書の内容まとめ

 

3.全体像をはっきりさせる

 

4.今日から実践できる

 

 

 

 

文章を操れば稼げる

 

 

そもそも何故文章術を学ぶのか?

結論、仕事について言えば

「稼げるようになる確率が高いから」

です。

 

 

 

僕に関して言えば、

現在は物販と情報発信事業を

元に生計を立てています。

 

 

 

平均月利が40万〜50万程度です。

 

 

 

で、ブログやメルマガ、ツイッターを使って

情報を発信しているのですが、

核となるのが文章を書く技術です。

 

 

 

これは別に僕のように個人で

ビジネスをしている人に限ったことではなく、

会社員にも通じます。

 

 

 

だって今の時代、メールでのやりとりや

提案って増えてますよね?

 

 

 

仕事に限らず、コミュニケーションを

LINEで取る人も多いと思います。

 

 

 

要は文章を使わない人は

いないってことですね。

 

 

 

つまり文章を上手く使えば、

ビジネスもプライベートも

上手くいく可能性が高まるってことです。

 

 

 

僕は行動経済学が好きで勉強しているのですが、

この分野は経済学と心理学を掛け合わせてたものです。

 

 

 

いわずもがなDaigoさんは

心理学のプロなので、

学ぶことが非常に多い。

 

 

 

そして文章というのは

データで残りますよね。

 

 

 

このブログに書いた文章は残りますし、

クライアントへの提案資料もデータに残ります。

 

 

 

これが

「自分の分身を作る」

って発想です。

 

 

 

当たり前ですが、自分一人よりも

2人、3人…100人のほうが稼ぎやすいです。

 

 

 

 

で、良い文章を書ける=自分の分身を増やして、

稼ぎやすくなる、ということですね。

 

 

 

これからの時代、個人で稼ぐスキルは

必須になるので、

最後まで是非読んでみてくださいね。

 

 

 

著書の内容まとめ

 

 

 

では、著書の内容をまとめていきたいと思います。

重要な点をピックアップしてみました。

以下の4点です。

 

 

 

(1)文章は人を動かすためにある

(2)文章は改善可能

(3)文章の3つの原則

(4)7つのトリガー

 

 

 

それぞれ解説していきます。

 

 

(1)文章は人を動かすためにある

 

 

まず大前提ですが

文章を書く目的は

「人を動かすこと」

です。

 

 

 

細分化すると、文章を読むと

人は以下の流れを辿ります。

 

 

 

読む

言葉に反応する

想像する

行動を起こす

 

 

 

人を動かさない文章には価値がありません。

 

 

 

何か文章を書く際には

まずこの大前提を

頭に入れておくようにしてください。

 

 

 

 

ちなみにあまり言いたくありませんが、

僕がブログ記事を書いている理由は、

「僕Uta自身に興味を持ってもらう」

という明確な目的があります。

 

 

 

なので、もし記事が面白いと思ったら、

他の記事を読んだり、

プロフィールも見てみてくださいね笑

 

 

(2)文章は改善可能

 

 

また2つ目の特徴として、

文章は改善が可能です。

 

 

例えば僕がこの記事を書いて、

アクセス数が平均値より

下だったと仮定します。

 

 

 

その場合は改善することが

リライトが出来るわけです。

 

 

 

もっと経験談を入れたほうがいいかな?

もっと根拠を入れたほうがいいかな?

もっと文字数を削ったほうが良いかな?

 

 

と仮説を立てて、

書き直すのです。

 

 

 

人を変えるのには

労力がかかりますが、

文章を書き直すのは

あまりパワーがかからないのもメリットです。

 

 

 

(3)文章の3つの原則

 

 

そして良い文章には

3つの原則があります。

 

 

①あれもこれも書きすぎない

②きれいな文章を書こうとしない

③自分が書きたいことをかかない

 

 

言われてみると当たり前なのですが、

文章を書いているとなかなか

守れない部分でもあるんですよね。

 

特に、

「③自分が書きたいことをかかない」

ここ重要。

 

 

僕もよくやってますが、

ついつい書きたいことを書いてしまって、

読者を置いてけぼりにしちゃうんですよね。

 

 

解決のポイントとしては

「過去の自分」

に対して、記事を書くことです。

 

 

 

必ず同じような状況の人はいるので、

過去の自分を助ける記事を書けば、

人の役にも立ちます。

 

 

 

(4)7つのトリガー

 

 

 

最後が人の7つのトリガーについてです。

 

 

①興味

②ホンネと建前

③悩み

④損と得

⑤みんな一緒

⑥認められたい

⑦あなただけの

 

 

ここにリーチすると、

読まれやすい文章になります。

 

 

例えば不倫報道、ってかなり関心を

引きますよね。

 

 

 

僕も「そんなのどうでもいいわー」とか

言いながら気になっちゃいます。笑

 

 

 

これは不倫がこれらのトリガーの要素を

多く兼ね備えた話題だからです。

 

 

①興味

⇒誰と誰がどういう経緯で?

 

②ホンネと建前

⇒ホンネ:おれも(私も)結婚してるけど恋愛したいのに!

 建前:倫理的に許されないだろ、それは!

 

 

⑤みんな一緒

⇒不倫をバッシングしているのは

 自分だけではない。

 

⑥認められたい

⇒不倫を叩くことで、自分は

 倫理観のある人間だと証明したい

 

 

 

って感じですね。

4/7のトリガーに絡んでいます。

 

 

 

ここには様々な心理学の要素も

含まれてきますので、

機会があれば別記事で紹介します。

 

 

またトリガーと近しいのですが、

LF8(ライフフォース8)という

人間の根源的な欲求もあります。

 

 

 

こちらの記事で書いているので、

興味があれば是非ご覧ください。

 

 

 

【参考記事】

マーケティングで抑えておくべき人の17の欲望

 

 

 

全体像をはっきりさせる

 

 

このように正しく使えば、

最強の分身となってくれる文章ですが、

個人的には1点、補足があります。

 

 

 

それは

「何のために文章を使うのか」

をはっきりさせることです。

 

 

 

何を行うにしてもまずは

全体像を設計する必要があります。

 

 

 

で、ないと手段と目的が

逆転してしまう。。

 

 

 

要は

「めっちゃ良い文章書けるようになったけど、何のため?」

みたいな話です。

 

 

 

何のために動いてもらうのか?

個人で発信をしているのか?

企業でマーケティングを任されているのか?

商材は何か?

発信している情報は誰にとって役立つのか?・

 

 

 

例えば僕の場合は先ほど書いた通り、

文章を勉強している理由は、

「僕Uta自身に興味を持ってもらう」

ことを主軸に置いています。

 

 

 

最終的にどうしたいか

を設計しないといけません。

 

 

 

目的を明確にして、

文章を操っていきましょう。

 

 

 

今日から分身を作りましょう

 

 

というわけで、ここに書いてある内容を

使えるようになるだけでも、

何も意識していない人より

かなり面白い文章を書けるようになってます。

 

 

 

僕の初期のブログ記事とか見て欲しいのですが、

結構ひどい記事もありますからね。笑

 

 

 

成長を実感するためにあえて消していませんが、

正直消したいものも多々あります。

 

 

 

あなたが営業職でも、事務でも、

大学生でも、個人事業主でも、

経営者であっても文章は必ず役に立ちます。

 

 

 

文章を

「人を動かすための分身」

と定義して、今日から活用していきましょう。

 

 

 

ではでは。

 

 

 

追記

 

 

 

僕はかつて本当にヘタレで、

ビジネスもプライベートも散々でした。

 

 

 

一つだけ幸運があったとすると、

起業した後輩と知り合ってたこと。

 

 

 

僕は一度物販も挫折してますし、仮想通貨や

PPC広告など数々のネットビジネスでも挫折しました。

 

 

 

そんな中、腹を決めて行動した

アパレル転売でようやく稼げるようになり、

毎日の労働から解放され自由を獲得しました。

 

 

 

挫折した僕だからこそ

伝えられることがあると思っています。

 

 

 

僕はビジネスに才能があったわけでもなければ、

しゃべるのが得意だったわけでも、

文章を書くのが得意だったわけでもありません。

 

 

 

どんな人でも稼げるし、正しい知識を勉強して

実践すれば稼げる世界があることを知れば

誰でもより自由になれる。

 

 

僕Utaが月収50万を稼ぐ過程を下記の記事では公開してます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P.S.

 

僕は元々、愚痴・嫉妬・言い訳にまみれた

底辺会社員でした。

 

おれなら絶対やれる。

まだ本気出してないだけ。

 

そう自分に言い聞かせながら

7年間、具体的な行動は起こせませんでした。

 

今は起業して最高月収112万を稼ぎ

肉体的にも精神的にもだいぶ楽になってます。

 

ぶっちゃけ、まさか自分がこんな人生を歩むとは思ってもみませんでした。

元々言い訳だらけの人間だし。

そもそもビジネスとか知らんし。

 

学んでわかったことは、

結局、自分の想像の延長線上には

目を見張るような変化はないってことです。

 

僕が変われたのは、

愚直に学び、自分の常識をぶっ壊して

素直に異世界を覗いてみたから。

 

勇気を持って異世界を"確かめてみる"こと。

これは人生でもトップレベルに大事なことだと言い切れます。

僕はそうやって成長してきたし、これからも勉強を続けていきます。

 

この記事では、

言い訳ばかりの社畜がどのようにして今にいたるかを書きました。

→Uta(ユータ)のプロフィール。社畜→起業→惨敗→月利7桁突破した物語

 

----------------------------------

 

メルマガもやってます。

ブログには書けない裏話や具体的なテクニックを配信中。

 

3つの特典も

期間限定でプレゼントしてるので、

興味があれば受け取ってくださいね。

 

→メルマガの詳細はこちらから

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

実績

※一部です。

詳細はこちらから。

僕の理念とUta(ユータ)のプロフィール

 


はじめまして。
Uta(ユータ)という名前で活動をしています。


簡単なプロフィールは


・90年生まれ、長崎のど田舎で育つ

・都会でイケてるビジネスマンになりたいという理由で上京

・社畜生活に絶望。夢破れる。

・27歳、逃げるように退社。そして独立。

・独立後、家賃も払えない極貧生活をする

・思考を変えて勉強。現在、最高月収112万

といったかんじです。

 

このブログでは、


①”個人”で「選択肢を持って」生きる方法

②パソコン1台で生活する起業家の生活

③勉強により、人生は変えられる

など、

いわゆる一般常識とは違う

世界を知るきっかけに

してもらえればと思ってます。

僕の詳しいプロフィールは
こちらにまとめています。

詳しいプロフィール

初心者コーナー

初心者コーナー

 

起業家マインドや考え方、ビジネススキルを

基礎から習得できるコンテンツをまとめました。

 

ぜひ このコーナーの内容を真剣に学び、

ビジネスに挑戦してみてください。

限定3大特典配布中。

①ビジネスの全体像の把握

②最初の報酬GET

③今日からビジネスを始められる

特典です。

「ビジネスってこんなもんか」 という感覚を掴みたい人はぜひ手に取って読んでみてください。